お金との社交

人間はコストと切り離しては生きて行けないのに、どうしてコストの命令が幼い頃からないのかヒアリングを覚える先日です。何となくという、わたしがコストに無頓着だった余りに時間をしたからです。嫁入りを通じて、「ええ、今日から暮らしを管理して」と言われて、ぎっしりオーナーなんているのかなと思います。皆どうして暮らしを管理して、そしてそれに答えはあるの?といつも思います。人間はお金がないと生きていけない。だって、お金がないと商品が買えないから。そういった大事な人間と密接なコストの命令を幼い頃から命令に取り込んで欲しいと非常に思います。マンションが組んだこれまでの月賦は奨学マネー、結婚式代、車、TV。皆これくらいは月賦組むもんなのですかね、わたしは返済するのが本当にキツかったです。それでも、わたしははじめ暮らしのハンドリングの手法も分からなかったから、初めにたくさんの月賦を組んで良かったと皆済した今だからですが思います。否応無し必ず月給から引かれて出向く月賦。払い始めてそのキツさがじわりじわりと分かってくるのは、たぶん、毎月必ず引かれていくからだ。その月収も消費も変わって、今月は少し余裕があるとかないとか、月賦はそんな事お構いなしに引かれて出向く、甘えが許されない厳しい世の中だと思いました。コストは大切に。フィンジアの口コミとか評判が気になる。2chどう?